【ブログ収益・PV数公開】ブログ初心者必見!ブログ運営で収入を得るまでの流れを徹底解説します!

ブログ運営

こんにちは。タケ(@Take40slife)です。

私は2018年1月から、個人的に大好きな漫画のブログをWordpressで開設しました。月に数万円の収益を得られるようになったのですが、本業が忙しくなり2019年2月からブログを更新することができなくなってしまいました。

これからブログを始めようと考えている方の参考に少しでもなれるように「ブログを始める前に準備したこと」「ブログ記事の書き方」「ブログでどれだけ収益を得たのか」「ブログ運営に必要なスキル」を徹底的に解説したいと思います。

ブログを始める前の準備

ブログを始める前に調べたこと

当時ブログを始める前に、Googleの検索エンジンで「ブログ 稼ぐ」「ブログ 収益」などのキーワードで検索し、沢山の記事を読みました。そこで皆さん共通して言われていることが「最低でも半年以上はブログを続けること」「100記事書く」でした。

正直「100記事も書けるかな?」「半年も続けられるかな?」と一瞬思いましたが、始める前から不安になってもしょうがないので、気持ちを切り替えて以下の2点を考えることにしました。

  1. 100記事以上書くには、どんなジャンルのブログにすればいいのか?
  2. 半年以上続けるにはどうすればいいのか?

100記事必要な理由は?

正直100という数字に根拠はないと思いますが、ブログの記事は「ブログの入り口」にもなります。

以下の図を見てみましょう。

ブログ閲覧イメージ

それぞれ別のユーザーが異なるキーワードで同じ料理ブログを閲覧しています。先ほど記事はブログの入り口と言いましたが、入り口となる記事が多ければ閲覧する人も当然増えます

100記事書いたとしても絶対に稼げるわけでもなく、閲覧者が増えれば収入につながるチャンスも増えるということです。

実際に私が運営したブログも閲覧者が徐々に増えて収入も増えていきました。

最低半年はブログの記事をアップする理由は?

なぜ最低半年なのか?実際にブログを始めて思ったのが、1ヶ月、2ヶ月で数十記事アップしたところでGoogleで検索しても上位には表示されないことでした。もし自分で調べたいことがあり、Google、Yahooなどの検索エンジンを使ってキーワード検索した場合、1ページ目に表示された上位1番目から3番目のページはクリックして見ることはありますが、4番目以降のサイトはあまり見ることがないですよね?自分のブログが上位検索されないと見る人も少なく収益につながらないのが理由なんだなと思いました。

SNSでフォロワーが多ければ、SNSからブログに誘導し見てくれる人も増えるかもしれません。

実際に1年間で、どれだけブログが閲覧されていたのか詳しく見てみましょう。

ブログのPV数(ページビュー数)を公開

1年間の月間PV数を公開

PV数(ページビュー数)とはWebページが表示された回数のことです。上記のグラフは私が運営したブログの月間PV数(2018/01/01~2019/01/31)になります。

PV数はブログを続けていれば右肩上がりに増えていくと言われていますが、確かに徐々に右肩上がりに増えていることがわかります。

実際に書いた記事数とPV数も見てみましょう。

※Google Analyticsを導入したのが3月からなので1月、2月は計測していません。

年月記事数PV数
2018/0111(記事)
2018/0216(記事)
2018/0323(記事)3240
2018/0416(記事)6379
2018/0517(記事)22646
2018/0615(記事)20681
2018/0717(記事)20423
2018/0818(記事)29725
2018/0919(記事)36516
2018/1021(記事)61530
2018/1112(記事)63141
2018/1217(記事)95491
2019/0113(記事)78854
PV数 一覧

1年間で約200記事アップしました。月毎で見るとアップする記事数は平均的ではありますが、PV数は確実に増えているのが分かります。

10月には記事をアップし、Googleの検索エンジンで「〇〇 開封 レビュー」で検索すると検索結果1ページ目の1番目か2番目に記事が表示されるようになりました。

検索流入も増えて、12月は惜しくも10万PV達成ならずでしたが、新規ユーザー数は3万人を超えていました。正直10万PVなんて無理だと思っていましたが、あと数記事多く書いていれば達成できたかもしれません。

ブログを長く続けるコツは?

ブログを始める前に「長くブログを続けるにはどうすればいいのか?」を考えることにしました。そこでまず初めに考えたのが以下の2点になります。

  1. ブログのジャンルを考える(楽しんで書けるもの)
  2. ブログにアップする記事の種類を考える

ブログのジャンルを考える

当時ブログを始める数ヶ月前に子供のころから好きだった漫画のフィギュアを少しずつ集め始めていたのでフィギュアのレビューブログを書くことにしました。完全に自分が好きな物なのでネタが尽きないと思いました。

ブログ運営に関しては私も初心者だったので、長く続けて少しでも結果が出せれば良いと思い、自分の趣味でブログを始めることにしました。

ブログにアップする記事の種類を考える

ブログの記事をいくつかパターン化てしまえば、ネタが尽きることも無くなりブログのメニュー内容も決まります。

※【】内はカテゴリ(メニュー)になります。

  • 【レビュー】フィギュアのレビュー記事
  • 【レビュー】食玩のレビュー記事
  • 【レビュー】ガチャガチャのレビュー記事
  • 【くじ結果】一番くじ くじ結果の記事
  • 【開封】食玩の開封記事
  • 【最新商品】新作商品紹介の記事
  • 【最新商品】月毎の新作商品発売記事(フィギュア、食玩、ガチャガチャなど)

レビュー記事に関しては毎月商品を購入していたので、買い続けていれば、永遠に記事を書くことができます。またYouTubeで「一番くじ〇〇回引いた結果」「新商品の発売情報」などをよく観ることがあったので、ブログの記事で早送りなし、広告なしで結果をすぐ確認できるのは良いなと思い、記事にすることにしました。一番くじが発売されるたびに早起きして、くじを引きに行き結果を記事にしていましたが、1日だけで1記事500PVは超えていました。

ブログ記事の作成について

テーマを選ぶ

WordPressでブログを始める場合、まず初めにテーマを選びます。テーマとはブログ全体のテンプレートになります。テーマは様々な設定が簡略化されていて、無償と有償のものがあり、私は当時「無償」且つ「実績(人気)がある」テーマを探し「simplicity2」を使用していました。

※現在は「simplicity2」の後継テーマとなる「cocoon」を使用しています。

実績があるものはネット上に情報も多いので、わからないことがあれば、すぐ調べることができます。テーマを選ぶときは実績があるものを選ぶのがオススメです。

私が運営していたブログの画面レイアウトは以下の構成でした。

ブログの画面構成

デフォルトの設定に近い状態で使っていましたが、簡単に画面レイアウトの説明をします。

  1. ヘッダー部にはブログのタイトル、キャッチフレーズが配置されています。レスポンシブデザインの為、モバイル、タブレットで表示した場合はメニューボタンも配置されます。
  2. グローバルメニューは自分で追加したカテゴリが表示されます。クリックまたはマウスカーソルが当たると下位階層のカテゴリが表示されます。
  3. Mainエリアは記事をアップすると最新の記事順に表示されます。
  4. SideBarにはプロフィール、人気の記事ランキング、カテゴリなどを配置していました。
  5. フッター部にはカテゴリのリンクとコピーライトが配置されます。

記事の構成をパターン化する

数百記事も書くとなると、記事の構成をパターン化することで作業効率も上がると思い、以下のブロック構成で記事を書いていました。

以下は「レビュー記事」と「最新商品情報記事」の構成パターンです。

記事の構成

レビュー記事の構成について

商品情報のブロックでは発売日、価格の情報を記載し、アフィリエイトリンクを配置します。また全パーツの写真と各パーツの説明を記載していました。

商品撮影のブロックではフィギュアを360度撮影した写真、各部位のアップ写真、お気に入りの写真を載せていました。1記事で撮影した写真の枚数は毎回50枚以上は撮っていました。その中から14枚ほどに絞って記事に載せます。最後に感想を書き、その後にレビューしたフィギュアのアフィリエイトリンク、関連商品のリンクを載せます。

最新商品情報記事の構成について

H3タグで発売する商品のカテゴリ分けをし、その月に発売される商品の情報を載せていました。PV数も多い記事だったので最新の商品情報が発表されるたびに、記事を更新していました。正直ブログの収入源になっていた記事です。

PV数を上げるために他の記事も見てもらう

ホーム画面を開いたときに、まずヘッダー部とMainエリアが表示されます。Mainエリアは最新の記事順に記事が表示されます。

この画面構成の悪い点はどこだかわかりますか?

画面構成の悪い点
悪い点

Mainエリアは最新の記事をアップするたびに過去の記事が表示されなくなる。せっかく収益を得ている過去の記事が表示されなくなります。

収益を得ている記事をもっと多くの人に見てほしいと思い、以下の変更を行いました。

ホーム画面の変更

以下の図のようにスライダーを追加し、収入の多い記事をより多くの人に見てもらえるように変更しました。またアンカータグで現在月の最新商品情報リンク(テキスト形式)を追加し、いつ更新したわかるように日付も記載していました。

上記ではホーム画面を例にしていますが、記事の下段にもスライダーを入れていました。

ブログカードを追加する

以下の図は最新商品発売情報の記事で紹介している商品を実際に購入し、その商品のレビュー記事を作成したらレビュー記事も見てもらえるようにブログカードを追加したイメージとなります。

ブログの収益について

アフィリエイトの種類について

ブログで収益を得る方法としてアフィリエイトがありますが、アフィリエイトにもいくつか種類があります。代表的なもので「インプレッション課金型」「クリック報酬型」「成果報酬型」があります。

インプレッション課金型」はブログに広告を配置し、表示回数で報酬が発生する仕組です。PV数の少ないブログは関係ない話なので「クリック報酬型」「成果報酬型」の2種類を説明したいと思います。

アフィリエイトの種類

私が運営していたブログでは、フィギュアレビューと最新商品の紹介記事を多く扱っていたので「成果報酬型」のアフィリエイトが収入源になっていました。

もう少し詳しく「成果報酬型」の報酬の流れを見てみましょう。

成果報酬型の仕組み

前提としてブログを公開してから、ASPサイトでアカウント登録を行い、自分のブログのURLを登録する必要があります。ASPサイトによってはブログの審査もあり、審査に合格すればブログに広告リンクを配置することができます。

成果報酬型 報酬発生の仕組み
  1. ネットユーザーがあなたのブログにアクセスする
  2. ネットユーザーがあなたのブログにある広告主の商品紹介/申込ページに遷移するリンクをクリックする。
  3. ネットユーザーが商品の購入/申込が完了。広告主からASPに広告費の支払が発生する。
  4. あなたのブログ経由で広告主の商品が売れた/申込が完了したことで、ASPがあなたに報酬を支払う。

成果報酬支払の仕組みもわかったので、実際に1年運営したブログで得た収入を見てみましょう。

1年間でブログで得た収益を公開

最も多く収益を得ていたのが、ASPサイト「もしもアフィリエイト」の収益(Amazon、楽天のアフィリエイト)になります。

後半に「A8.net」「バリューコマース」で動画配信サービスのアフィリエイトやAmazon、楽天にはない玩具のアフィリエイトを見つけたので、数百円でも稼げるならと思い始めました。

年月もしもアフィリエイトGoogle AdSenseA8.netバリューコマース合計
2018/010円0円0円0円0円
2018/02261円55円0円0円316円
2018/03221円197円0円0円418円
2018/041,222 円235円0円0円1,457円
2018/053,091 円1,595円0円0円4,686円
2018/064,062 円986円0円0円5,048円
2018/072,495 円1,187円0円0円3,682円
2018/086,175 円1,768円0円0円7,943円
2018/098,871 円2,043円0円0円10,914円
2018/1015,606 円4,567円865円1,836円22,874円
2018/1116,054 円5,228円2,784円1,080円25,146円
2018/1234,171 円10,427円5,263円2,001円51,862円
2019/0118,301 円5,394円3,689円0円27,384円
ブログ収益一覧

1年間で得た収益の合計金額は…

161,730円

ASPサイトの締め日・翌月振込の都合もあり、2月以降も収益は入ってきてました。2月は7記事しかアップしていませんが、18000円ほど入りました。

記事をアップしないと徐々に収益は下がっていきましたが、最終的に20万円以上は入りました。

ブログを開設して半年目には収益が5000円を超え、9ヶ月目には10000円を超えました。

ブログって稼げるの?稼げないの?

月に100万円以上稼ぐブロガーさんもいますが、私が運営していたブログは稼げていたのか説明したいと思います。

私が運営していたブログは商品のレビューブログだったので、当然新しい商品が発売される度に、その商品を購入していました。ブログ運営当初は収益も少なかったので、もちろん赤字です。後半は月に数万の収益が入ってきてましたが、その分、商品を購入していたのでプラスにはなっていません。

ブログを運営して稼げた?稼げてない?と聞かれたら、1年間だけの運営では「稼げていません」。正直あと1年続けていたとしても、1年間で30万円以下の収益だったんじゃないかなと思います。

稼げてはいませんが、普段は高くて我慢していた物も購入できたし満足はしてました。趣味の範囲でやる分には全然あり!だと思います。

私が運営していたブログは1年間では稼げませんでしたが、全てのブログが稼げないということではありません!

ブログを続けていればPV数も増え、収益も上がることは経験してわかりました。私みたいに1記事毎にに投資するのではなく、お金をかけないで閲覧してもらえるような記事を書いていければ稼げると思います。

ブログに必要なスキル

ブログを運営するうえで必要なスキルとは、どんなスキルなのでしょうか?

私なりに必要だと思うスキルを以下にまとめてみました。

  1. 自分で調べて解決する力
  2. HTML、CSSの知識・技術
  3. ライティングスキル(文章力)

自分で調べて解決する力について

今の時代、簡単にスマホで「わからないことをすぐに調べられる」時代です。

ブログだけに言えることではありませんが、社会人には絶対に必要なことだと私は思っています。

経験談の話になりますが、今の職場で新人だった頃に部長から「わからなくても、すぐに聞くんじゃなくて調べて分からなかったら聞きに来なさい。自分で調べて解決したほうが、覚えるから」と言われました。

初めは苦労しましたが、経験がないことでも「やったことがないので、できません」ではなく、与えられた仕事は自分で調べてスケジュール内に収めていました。

その教えを守って16年仕事を続けてますが、周りから評価されるほどの技術力が身に付きました。

調べ方がわからなかったり、調べることが多すぎて面倒になり、収入を得る前にブログをやめてしまう人も多いと思います。ブログを始めようとしても初めは調べることが、沢山あると思います。諦めずに1つずつ調べて解決できる力が必要だと思います。

HTML、CSSの知識・技術

ブログを運営するうえでブログのデザインを変更したい場合はCSS(スタイルシート)のスキルが必要になります。デザインとコードを公開しているサイトも多数あり、コピペだけで簡単にデザインが変更できるから必要ないという人もいるかもしれませんが、100%デザインが変更される保証はありません。コピペしたのにデザインが変更されない場合、どこが悪くてどこを直せばいいのかわかるだけの知識は必要だと思います。標準で用意されているデザインだけで記事を書くのであれば、そこまで必要ではありません。

ライティングスキル(文章力)

ネットユーザーは調べたいことがあり、あなたのブログを訪問してきます。訪問者に説明して、理解してもらえるだけの文章力が最低限必要だと思います。

こんな人にブログがおすすめ

私が「今すぐブログを始めたほうがいいよ」とオススメしたい人は以下のような方です。

  • 人に何かを教えられる知識、技術を持っている人
  • 自分が経験して良かったこと、悪かったことを人に伝えられる。(体験談)

最後に

いかがでしたでしょうか?

初めて運営したブログでは大きな収入を得ることはありませんでしたが、お金よりも大切なものを手に入れることができました。それは「知識」です。1年間で学んだ知識を活かして、当ブログを運営していこうと思います。

以下の記事は自分のパソコンにWordPressの環境を構築し、人気無料テーマの「Cocoon」を導入する手順です。これからWordPressでブログを運営しようと考えている方は必見です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました