禁煙外来助成金制度で超お得に禁煙治療を受ける。私は1000円以下で禁煙治療を受けて禁煙できました!

健康

こんにちは。タケ(@Take40slife)です。

自分の意志で禁煙するのってなかなか難しいですよね。私もそうでした…

私は医師の力を借りて禁煙治療を受けて禁煙することができました。

実際に禁煙治療でいくらの費用がかかり、いくらの助成金が戻ってきくるのか?禁煙治療の助成金制度を受けるまでの手順と禁煙治療を終えてどれくらいの期間で助成金が振り込まれるのかを詳しく解説していきたいと思います。

禁煙治療にかかる費用について

禁煙治療にかかる費用は1万3,000円~2万円程度かかると言われています。

以下は実際に私が治療を受けて支払いをした金額になります。

診療回数クリニック診察料薬局 領収額
初回2000円2150円
2回目1130円2540円
3回目1130円5030円
4回目1130円4870円
5回目930円

合計:20910円の金額になりました。

タケ
タケ

1日に1箱以上タバコを吸っている人は1ヶ月のタバコ代で禁煙治療を受けることができると思います。私は1箱500円のタバコを1日30本吸っていたので、月に22500円ほどタバコ代に使っていました。

あなたのタバコ代はいくら?

禁煙治療の助成金/費用補助を受けるには

禁煙外来の助成金/費用補助は役所または健康保険組合で、禁煙禁煙に取り組む方をサポートするため、禁煙費用の一部補助を行います。

助成金/補助金 受取りまでの流れ

以下は私が役所で助成金制度の登録をし、助成金を受け取るまでの流れをまとめたものになります。

申請登録から助成金/補助金受取りまで
  • STEP1
    登録申請書提出

    登録申請書を提出します。※私が提出した役所では募集人数150名、上限1万円(妊婦や18歳未満の者を含む世帯の場合は、上限2万円)でした。

  • STEP2
    禁煙治療費助成登録審査結果

    禁煙治療費助成登録審査結果通知書、禁煙治療費助成金交付申請書が自宅に届く。(登録申請書提出から約2週間ほどで届きました)

  • STEP3
    禁煙治療開始

    禁煙外来はおおむね12週で5回の診断が必要になります。

  • STEP4
    禁煙治療終了の手続き

    禁煙治療が終了したら役所の窓口で交付申請を行います。交付申請には4つの提出書類が必要になります。①禁煙治療費助成金交付申請書(STEP2結果通知と同封)、②禁煙治療にかかった領収書および明細書、③禁煙治療費助成金交付請求書、④支払金口座振替依頼書。③④は窓口で渡されます。必要なものは印鑑、振込口座の情報になります。

  • STEP5
    禁煙治療費助成金の決定及び交付

    禁煙治療費助成金の振込みは約2ヶ月ほどかかるそうです。振込通知はなく通帳記入で確認します。

助成金/補助金が振込まれるまでの期間

禁煙治療終了後に禁煙治療終了の手続きを行い、助成金を受取るまで2ヶ月ほどかかると聞いていましたが、実際にどれくらいかかるのでしょうか?

私は2021/04/18に禁煙治療終了の手続きをしに役所に行ってきました。

禁煙治療助成金の振込が確認できたのが、2021/06/18になります。ちょうど2ヶ月後に振込まれました。

最後に

禁煙を始めようとお考えのあたなに!

禁煙を開始する前にいくつか気になることがあり、禁煙治療を受ける前にインターネットでいろいろと調べました。実際に禁煙治療を受けてどのような治療なのかを細かく以下にまとめました。

禁煙治療前の疑問を解決
禁煙治療前に気になったこと
  • 禁煙治療は何科を受診すればいいのか?
  • 通院してどのような治療をするのか?
  • どれくらいの期間で治療をするのか?
  • 禁煙治療でかかる費用はいくらなのか?
  • 禁煙治療は保険が適用されるのか?
この記事に詳細をまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました