タバコ代を計算。1ヶ月のタバコ代で禁煙治療を受けれるの知ってます?禁煙するとこんなに節約できます!

健康

こんにちは。タケ(@Take40slife)です。

私は禁煙治療を受けて禁煙することができました。禁煙する前は禁煙に成功した知り合いから”節約できるし健康の為にも、早く禁煙したほうがいいよ”と進められていました。

喫煙していた時のタバコ代を計算してみると、結構な金額を毎月使っていることが分かりました。

あなたはタバコ代にいくら使っているのか計算したことはありますか?以下に計算機を作ったので計算してみてください。

タバコ代 計算機

タバコ代を計算してみよう!

入力項目はたったの3つ!1週間、1ヶ月、1年~10年のタバコ代を計算します。

入力して計算ボタンをクリック
入力内容
1日の本数(本):
1箱の本数(本):
タバコ代(1箱):

計算結果
1週間:
1ヶ月:
1年:
5年:
10年:

※1日の本数(本)に0以下/1000以上、タバコ代(1箱)に0以下/100000円以上を入力して計算すると結果は0円になります。

※1ヶ月は今月の日数で計算しています。

※1年は今年の日数で計算しています。

タケ
タケ

私の場合、1箱500円のタバコを1日30本ほど吸っていました。月5万円のお小遣いの中から22500円もタバコ代で消えていたんです。30代後半で健康のことも気になるようになり“禁煙”を考えるようになりました。

禁煙外来はいくらかかるの?

過去に禁煙しようと挑戦し失敗した方も多いのではないでしょうか。私は意志も弱いので自分で禁煙するのは不可能と判断し、医師の力を借りて「禁煙治療」を受けることを決意しました。そこでまず気になったのが禁煙治療でかかる治療費です。

禁煙外来の治療費について

禁煙治療にかかる費用は1万3,000円~2万円程度かかると言われています。

禁煙治療は計5回通院し、12週チャンピックスを服用する治療でした。実際に私が治療を受けてかかった費用は以下になります。

診療回数クリニック診察料薬局 領収額
初回2000円2150円
2回目1130円2540円
3回目1130円5030円
4回目1130円4870円
5回目930円

合計:20910円の金額になりました。

私は1日30本ほどタバコを吸っていたので、1ヶ月のタバコ代だけで禁煙できることになります。

また禁煙治療には助成金の制度もあるので、お住まいの地域にある健康センターなどで助成金を受けれるか調べてみてください。最大で1万円~2万円の助成金を受けることができます。

最後に

タケ
タケ

禁煙して数ヶ月が経ちますが、お昼に高いランチを食べても月のお小遣いが余るようになりました。喫煙中は毎月ギリギリでしたが、禁煙を始めてからは5万円のお小遣いでも余裕になりました。

禁煙を始めようとお考えのあたなに!

禁煙を開始する前にいくつか気になることがあり、禁煙治療を受ける前にインターネットでいろいろと調べました。実際に禁煙治療を受けてどのような治療なのかを細かく以下にまとめました。

禁煙治療前の疑問を解決
禁煙治療前に気になったこと
  • 禁煙治療は何科を受診すればいいのか?
  • 通院してどのような治療をするのか?
  • どれくらいの期間で治療をするのか?
  • 禁煙治療でかかる費用はいくらなのか?
  • 禁煙治療は保険が適用されるのか?
この記事に詳細をまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました